玉川インターナショナルプリスクール(桜新町駅徒歩15分 世田谷区、渋谷区、目黒区エリア インターナショナルスクールへの進学、子供英会話、幼児教室)

学費について

学費について

2020年4月より

画像をクリックするとPDFファイルで大きくみることができます。

画像の説明

クラスにより振替制度があります。
詳しくはお問合せ下さい。

レギュラースクールプログラムの通学日数について

10年以上にわたって生徒さんをみてきた結果、今は皆さまに、できるだけ早いうちからの週5日での参加をおすすめしています。初めて母子分離となるご家庭には、ご不安に思われると思いますが、私たちのスクールは、とても落ち着いた、アットホームは家庭的な環境なので、1歳、2歳からでも、長時間の滞在をしていて負担になりません。毎日、第二の家庭のような感じで、お友達や先生方と、健やかに過ごしています。同時に、先生達に導かれ、国際的なマナー、Life Skill, 学力、そして、毎日の体操のクラスで、体力や運動神経も発達しています。

幼児が英語を話し始める前には一定量の英語のインプットの期間が必要です。週2-3日の生徒さんと、週5日通う生徒さんでは、日々積み上げられたインプット量がかなり違ってきてしまうため、その後の英語スキルの獲得に差がでてきてしまうケースが多く見受けられます。

週5日通うことにより、平日のしっかり確立した日常のルーティーンが確立し、こどもも心落ち着けて様々な取り組みをしやすくなります。

それぞれの子で違うので、一概には言えませんが、3歳以上時になってくると、少ない日数で通う分、学習機会が減るために、自分の英語力が、まわりと比較してあまり伸びていないことを感じてしまうお子さんもいました。また、日数が少ないと、自分が主として属する場でなく、お客さん感覚というように感じてしまい、結局通学をいやがってしまうなどのケースも、過去に見受けられました。年に何度かの発表会の練習も、練習機会がお友達と比べて少なくなります。

ダンスや体操、身体を動かしてのゲーム サイエンス実験、クッキングなど、スクール内で習い事をできるアフタヌーンスクールもありますので、週5日の通学が難しいお子さんは、午後延長プログラムへの参加などもご検討ください。幼児のうちに、英語環境の時間を増やしていくのは、効果絶大です。

最初慣れるためにも、少ない日数で始めるよりは、最初に早くなれるために多く通って、通学日数を減らすなら慣れたあとで減らす、という方がおすすめです。

世界中で読まれている、良書といわれる英語の絵本を揃えています

a:25562 t:2 y:7

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional